台風19号で水没した車の修理方法は?水没車の判断基準と車両保険・下取りなど紹介

台風19号で被災された方、心からお見舞い申し上げます。
特に台風19号は、ご自宅や愛車などが浸水する被害が多く見受けられ、私にも何かお役にたてないかと思い、筆を執る事にしました。

これから、浸水した家の片付け・リフォーム、冠水した車の修理・処分などを検討されると思います。
今回は冠水した車のことについて書いてみようと思います。



水没したらどうするか?

車が水没するには大きく2つに分かれると思います。
ご自身が乗車中で走行中の場合。
駐車場に駐めている時に水没する場合。
この2つのパターンでの対処の仕方を紹介したいと思います。

走行中の場合

走行中、目の前の道が水没している事があると思います。
本当は引き返すべきなんでしょうけれども、止まるに止まれない場合もあると思います。

水深30cm以上は危険

ます、走行中の場合、水深が30cm以下でないと危険であることを覚えていて下さい。
30cm以上であると、エンジンが停止したり車ごと流されたりします。

水深が30㎝というのは、車高が低い車でマフラーが浸かってします水深です。
マフラーから水がエンジン内部にまで入り、エンジンが壊れてしまう事もあるので、水深が30cmぐらいのところを走行する場合、ギアを落としてエンジンを吹かし気味にして、マフラーの中に出来るだけ水を入れないように走行します。

また、走行中は水深に注意しながら、地形の変化、特にすり鉢状の地形などは危険です。さらに周囲の車の走行具合でも水深が微妙に変わります。
周囲には十分な確認が必要です。

スピードは時速30km以下

スピードを上げる事により、水がはねてエアクリーナーよりエンジン内部に水が入るとエンジンが止まるので、スピードを落とす事が肝心です。
目安として時速30km以下で走る事を心がけて下さい。

室内に浸水したら?

床面より高い位置に浸水しても、室内にすぐには浸水してきません。
なので、急に浮き上がったり、エアクリーナーやマフラーからエンジン内部に浸水して停止してしまうこともあります。

また、車内に浸水した場合は、すぐに車を停止させ、ギアをニュートラルに入れ、エンジンを止めJAFなどに救援を求めましょう。

水が引いた後、エンジンをかけ移動するのは大変危険です。
バッテリーが浸水していると、電極に不純物がかかりショートしたり感電したりするリスクがあります。
ハイブリットカーやEVは電池の容量が大きので特に危険です。
ギアをニュートラルに入れておけば、レッカー車が来る前に最悪人力で押すことも出来ます。

駐車場で浸水した場合

自分は乗車せていなくても、車だけ水没することもあると思います。
走行中に比べて、駐車中ならば、車の対処をするのに時間の余裕があると思います。
ここでは、浸水の状態が軽度の場合と重度の場合とで分けて紹介します。

軽度の室外浸水の場合

自分の駐車場の場合、公道と違い急いで車を退かす必要がないので、タイヤ半分以下や、ドア・床面が浸からない程度の浸水なら整備士に来てもらい修理の見積もりを取ると良いでしょう。ただ今回の台風19号の場合、浸水車両も多いので整備工場も手一杯の可能性が高いので見積もりに来るまでに時間がかかったり、いきなり引き取らせてくれるように言ってくるかもしれません。

あと、決して自己判断せず、プロに見せる事をオススメします。
まがりなりにも水に浸かった車なので、目に見えない所で影響があるかもしれません。

また、浸水したのが海水だった場合はチョット厄介です。

重度の室内浸水の場合

タイヤ半分以上や、室内にまで水が入った場合、買い替えたほうが安くつく事が多いです。
それでも、希少車や、思い入れの強い車でどうしても直したいのであれば整備工場へ、買い替えが速いと感じたら廃車買取センターへ連絡するのが良いでしょう。

水没した車の修理方法は?

水没した車は再生できるか?
浸水の程度で大きく変わってきます。
ここでも軽度の場合と重度の場合とで分けて紹介します。

軽度の室外浸水の場合

タイヤ半分以下、床面が浸水していない場合の修理は、ホイール・タイヤ交換、ブレーキローター・ブレーキパットの交換になってきます。
修理費用は、一番安くても5万円はかかるでしょう。

重度の室内浸水の場合

車の浸かり方によって修理する箇所、整備の値段が変わってきます。
フロアマットの浸水だけでも、浸かり方によっては金額が跳ね上がる事もあります。
シートまで浸かった場合はなおさらです。
50万円以上はかかると覚悟しておいた方が良いでしょう。

浸水箇所の部品は基本取替と考えたほうが良いでしょう。
また、取替のきかない箇所(ボディなど)は、浸水が海水や土砂の場合修理してもサビなどで車の傷みが早くなり長く乗れない事が多いです。
また、キレイに洗浄したとしても、隅々まで元のとおりにするのは難しく、カビが生えたり雑菌が繁殖し匂いの元となります。
湿気が車内に残り、窓が曇りやすくなったりもします。

浸水の程度に関わらず、修理しても、下取りに出す場合は水没歴がつき査定が下がります。

水没車の判断基準は?車両保険・下取りは?

車が水没してしまったら修理か、廃車か?
一番は金銭的な事が大きく関わって来ると思います。
修理・廃車の判断基準や自動車保険がどれくらい下りるか、廃車にする場合はどうなるのか紹介していきたいと思います。

修理・廃車の判断基準は?

水没車を修理するか廃車にするかは、いくつかの判断基準が出てくると思います。

浸水具合(修理費用):タイヤの下半程度の浸水かそれ以上か、修理費用はいくらか?
自動車保険(任意):どこまで保険料が下りるか?保険料で修理費用はまかなえるか?
買取価格:現状でいくらで買い取ってもらえるのか?

この辺りが判断基準になると思います。

自動車保険は?

自動車保険は、車両保険を掛けていないと水没した場合は保険がおりません。
一般条件の車両保険か、エコノミー車両保険(車対車+A)で契約していると台風や洪水、高潮などの被害にあった場合は保険料が支払われます。

保険はその車両にかかっているため、車両の保証価格より保険料が多く支払われる事はありません。

修理費用が車両の保証価格よりかかるのであれば、保険は全損扱いとなり、それ以上にかかる修理費用は手出しになります。

買取価格は?

水没した車でも買い取ってもらえる事が大いにあります。
ご存知かもしれませんが、廃車買取りに出された車は、使える部品を取り出したりして再利用されます。
また、海外では日本車で廃車になりそうな車が沢山走っており、部品取りにベース車に需要があります。

なので、廃車買取専門店で意外と高い金額で引き取ってもらえることは十分に考えられます。

一例ですが、廃車買取業者を紹介したいと思います。

全国展開で廃車サービスを行う廃車本舗は、自社のリサイクル工場を持っているので、「直接買取」が可能☆

海外への販売ネットワークがあるので、とことん高く「お客様に満足いただける査定金額」を呈示することが可能です!

廃車買取専門店「ハイシャル」
廃車の買取り手続きやレッカーの出張廃車引き取り費用など完全無料で安心の全国対応。動かない廃車でもハイシャルは0円以上の廃車買取いたします。

ハイシャルでは、お車の価値を最大限に引き出すため、
全国の提携業者から最適な販路を決定しております。

販路の中には、国内での再販、輸出、マテリアルとしての再利用などがございます。

他店との違う取り組みとしては、
中古車買取について不透明な部分を無くし、
手数料無料(追加費用なし)0円以上の買取保証といった明瞭なシステムで

「女性や車に詳しくない方にも安心してご利用頂ける」をコンセプトに開始したサービスです。

カーネクストでは、15年以上前の車・15万Km以上走行の車、車検切れ、故障車や不動車、事故車など、
どんな車も0円以上での買取を保証。廃車費用は一切無料です。

独自の海外販売網やリサイクル販売網を持つカーネクストでは、古い車や故障した車にも価値を産み出し、
全国トップクラスの廃車買取価格を実現しています。他店様や一括査定で値段がつかなかったり、
処分費用を請求された車にも値段が付いた!とお喜びの声をいただいております。

また、カーネクストは1,000社以上の自動車関連事業者と提携、
ご希望の場所まで無料で引取りに伺います。レッカー代も無料です。

書類の記入や陸運局への提出など、面倒な廃車の手続きも全て無料で代行しております。
車の売却や廃車が初めてという方にも廃車買取専門スタッフが年中無休でしっかりとサポートし、
業界屈指のサービスを提供。時間や手間がかからずに廃車できるとご好評をいただいております。

台風19号で水没した車の修理方法は?水没車の判断基準と車両保険・下取りなど まとめ

水没車は、修理して乗るならば、それなりの覚悟が必要になってくるため、よほど愛着がない限り手放したほうが良さそうです。

この記事が少しでも参考になれば幸です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました