移住斡旋サイト【smout】の使い方は?移住先に求める事項や人気のエリア・評判を紹介

日常

近年、地方都市で暮らす人も増えていますが、ここ数ヵ月で「地方で暮らしたい!」と考える人は倍増しているのだとか。

特に東京などの都心部に住んでいる人が、地方への移住を求めているケースが増えているようです。

それには、現在世界的に大流行している新型感染症の影響で、働き方そのものが変わってきたことも理由として挙げられるでしょう。

わざわざ満員電車に乗らなくても、出社しなくても、オンラインで仕事ができることが分かってしまったのですから、都心部にいる必要がない…と感じてしまいますよね。

さて、そんな地方への移住を斡旋してくれるサイトがあることをご存じですか?

ここでは、地方への移住斡旋サイトsmoutをご紹介したいと思います。

smoutの使い方などについてお話ししていくので、地方への移住に興味がある方は、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。



移住斡旋サイト【smout】とは?

移住斡旋サイトsmoutとは、文字通り「地方への移住を斡旋」してくれるサイトです。

地方に行きたい、移住したい!と思っても、その場ですぐに移住することはできません。

住む場所や仕事など、生活するために必要なものがないからです。

旅行へ行くだけなら、ホテルを予約してしまえばすみますが、移住となればそうはいきません。

住む場所や仕事がなければ、生活することはできませんものね…。

移住斡旋サイトsmoutは、そんな「移住したい!」というあなたと、地方を繋いでくれるサイト。

地方に移住するための情報を得るためにも便利なので、移住に興味がある人は覗いてみてはいかがでしょうか。

smout↓
https://smout.jp/about



移住斡旋サイト【smout】の使い方

移住斡旋サイトsmoutは、どのようにして使えばいいのでしょうか。

ここでは、地方への移住を考えている立場としての使い方を説明していきます。
順序を整理すると

  1. smoutに会員登録をする
  2. プロフィールを入力し、興味のあることを選択する
  3. 自分の希望にマッチする地域からの情報が届く
  4. 自分の希望にマッチする地域から「スカウト」が届く
  5. 地域の人とやり取りをして、実際に行ってみる

となります

1 smoutに会員登録

smout→https://smout.jp/about
を開いて、会員登録をしてsmoutを始めるからスタート。
登録方法は

  • Google
  • Facebook
  • LINE
  • 自身のメールアドレス

から登録できます

2 自分のプロフィールを入力

地方の人は、あなたのプロフィールを見てスカウトメールを送ってくるので、プロフィールはできるだけ詳しく書いておくとgood。

興味のあることも踏まえ、嘘偽りなく細かく記入しておくといいですね。

スカウトのメールを出せるのは、smoutに地方担当者として会員登録をしている人で、
自治体
地元の役場の人
事業者
経営者
などがいます。



移住先に求めることとは?

移住したいと思う人は年々増えていますが、移住先にはどんなことを求めているのでしょうか。

もちろんそれには個人差がありますが、多くの人は

  • 自然が豊かなこと
  • 自治体による移住支援が充実していること
  • アクセスが良いこと

などを求めて、移住先を考えているような気がします。

都心部にはない自然は魅力的ですが、自然だけでは生きていけませんし、自治体からの移住支援が充実しているところはありがたいですよね。



移住先として人気のエリアはどこ?

では、実際に移住先として人気のエリアはどこなのでしょうか。

地方でも利便性のある、田舎と都会の良さをあわせ持つ「地方都市」は、いつの時代も移住先としては人気が高いです。

2019年1月~12月のランキングでは、
1位:長野県
2位:広島県
3位:静岡県
4位:北海道
5位:山梨県
という順位で、人気が高いようでした!

ランクインしているのは、どこも「移住先に求めること」に挙げた項目に当てはまる場所ばかりですね。

1人でいちから移住先を探したりするのは大変ですが、smoutを使えば移住先を斡旋してもらえるので、とても便利だと思いました。



移住斡旋サイト【smout】の使い方は?まとめ

移住斡旋サイトsmoutは、地方への移住を考えている人と地方を繋いでくれるためのサイト。

地方への移住をしたいけれども、何から始めたらいいのか分からない…という人は、まずsmoutに登録してみましょう。

そこから、あなたの地方移住への第一歩が始まるはずですよ



コメント

タイトルとURLをコピーしました