無印良品のサブスクは購入よりお得?レンタルプランや料金でのシミュレーションを紹介

日常

音楽、映画、本から洋服や食品、車までサブスクがすっかり生活に欠かせないサービスとなっていますね。

定額で音楽を聴けたり、買い物に出かけることなく食材が届き、そして毎月の利用料を払うだけであこがれの車のある生活を送れて、とても便利で気軽に始められるのがサブスクの魅力ですよね。

そして良品計画が展開する「無印良品」と「イデー(IDEE)」も7月17日から家具のサブスクサービスを開始することが発表されました。

IDEEの家具・インテリアはとてもお洒落で思わず欲しくなってしまうものばかりですが、値段が高いので家具一式をIDEEで揃えることは難しいですよね。

そんな憧れのIDEEの家具を月額で使えるなんて驚きですよね。

そこで今回は無印良品・IDEEの家具サブスクについて調査してみました。



レンタルプラン・料金シミュレーション

無印良品の家具サブスク契約期間は年単位で

  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年

の4つのプランがあります。

そして「寝る」、「学ぶ・働く」、「くつろぐ」の3シーンを想定した6つの家具セットから選ぶことができます。

寝るセット

寝具のセットから紹介します。

5点ものと6点もののセットが用意されています。

①5点セット

脚付きマットレス高密度ポケットコイル・シングル

グレー羽毛掛ふとん一層式・シングル

羽根まくら(43×63cm)

抗菌ポリエステルわた洗えるベッドパッド

綿平織カバーセット・ベッド用・シングル

(掛ふとんカバー、ボックスシーツ、まくらカバー)

通常販売価格 ¥57,870円(税込み)

1年契約:月額4,400円(支払い総額 52,800円→91%)

2年契約:月額2,250円(支払い総額 54,000円→93%)

3年契約:月額1,500円(支払い総額 54,000円→93%)

4年契約:月額1,200円(支払い総額 57,600円→99%)

料金面では全くお得感がありませんね。

契約期間が長くなるほど、分割払いで購入したも同然ですね。

ただ、大型家具の処分は面倒なので、手元に家具を残したくないという人には向いているのかもしれません。

シーツやベッドパッドは返却された後はどうなるのか気になりますね。処分をするから購入金額とほぼ変わらない料金設定にしているのでしょうか。

②6点セット

ベッドフレーム・すのこ仕様・シングル

ポケットコイルマットレス・シングル

グレー羽毛掛ふとん一層式・シングル

羽根まくら(43×63cm)

抗菌ポリエステルわた洗えるベッドパッド

綿平織カバーセット・ベッド用・シングル

(掛ふとんカバー、ボックスシーツ、まくらカバー)

通常販売価格 ¥94,770円(税込み)

1年契約:月額7,200円(支払い総額 86,400円→91%)

2年契約:月額3,700円(支払い総額 88,800円→94%)

3年契約:月額2,500円(支払い総額 90,000円→95%)

4年契約:月額1,900円(支払い総額 91,200円→96%)

1年だけの単身赴任で、1年後には家具のある自宅に戻る予定だから家具は買いたくない、というような方にはぴったりかもしれませんね。



学ぶ・働くセット

机、椅子など学習や仕事に使う机や椅子のプランになります。

①無垢材デスク・引出付き+ラウンドチェア・布座・オーク材

通常販売価格 ¥44,800円(税込み)

1年契約:月額3,400円(支払い総額 40,800円→91%)

2年契約:月額1,750円(支払い総額 42,200円→94%)

3年契約:月額1,180円(支払い総額 42,480円→95%)

4年契約:月額900円(支払い総額 43,200円→96%)

②折りたたみテーブル・オーク材+ワーキングチェア・背座ワイドタイプ

通常販売価格 ¥39,800円(税込み)

1年契約:月額3,000円(支払い総額 36,000円→90%)

2年契約:月額1,550円(支払い総額 37,200円→93%)

3年契約:月額1,050円(支払い総額 37,800円→95%)

4年契約:月額800円(支払い総額 38,400円→96%)

ひとり暮らしの期間が決まっていて勉強机の必要な学生の方には良さそうですね。

くつろぐセット

ソファーやベンチなど部屋に欲しい物のプランです。

①IDEEソファ+IDEE ローテーブル+IDEE サイドボードS

通常販売価格 ¥277,200円(税込み)

1年契約:月額21,200円(支払い総額 254,400円→92%)

2年契約:月額10,800円(支払い総額 259,200円→93.5%)

3年契約:月額7,300円(支払い総額 262,800円→95%)

4年契約:月額5,500円(支払い総額 264,000円→95%)

やはり高いですね。小型車のサブスクができる値段です。

ここまで高いと、むしろ自分のものにしてしまいたくなります。

②IDEEベンチ+IDEE フレームテーブル+IDEE サイドボードS

通常販売価格 ¥354,200円(税込み)

1年契約:月額27,100円(支払い総額 325,200円→92%)

2年契約:月額13,800円(支払い総額 331,200円→93.5%)

3年契約:月額9,300円(支払い総額 334,800円→94.5%)

4年契約:月額7,000円(支払い総額 336,000円→95%)

どうしても憧れのIDEEの家具で部屋をコーディネートしたいという方や、契約終了後は買い取るつもりだけれども念のためにサブスクにしたい、という方には良いのかもしれません。



家具のサブスクサービス・利用方法

下記の対象店舗で申し込み可能です。

  • 無印良品 銀座
  • 無印良品 錦糸町パルコ
  • 無印良品 グランフロント大阪
  • 無印良品 イオンモール堺北花田
  • 無印良品 京都山科
  • 無印良品 名鉄名古屋百貨店
  • MUJI キャナルシティ博多

申込時にセットと契約期間を選びます。

契約時には配送料金のみ支払いが必要ですが、家具の組み立てが必要な場合は作業料も支払います。

また、申し込みにはMUJI passportメンバーへの加入・クレジットカード登録が必須条件です。

商品が届いた翌月から月額料金の支払いが始まり、契約期間中に解約する場合は解約手数料が発生します。

契約満了時には返却・延長・買取を選択することができますが、買取の場合は手数料がかかります。



無印良品のサブスク世見の反応は?

無印良品のサブスクが開始で、世見はどんな感想を持っているのでしょうか?

無印良品のサブスクは購入よりお得?まとめ

いかがでしたか?初期費用なしで家具をサブスクできるのはとても気軽で良いですよね。

セットで提供されることであれこれ迷う必要がなくなり、選ぶ時間がないという方にはおすすめかもしれません。

ただ、新型ウィルス感染症拡大の影響で急遽海外赴任先から日本に戻ってきて、またいつ異動になるか分からないという方も多くいると思いますが、そういった方には年単位の契約はリスキーかもしれませんね。

無印良品のホームページには「試す、から始める無印良品、IDEE」と記載されており、両ブランドをたくさんの人に試してほしい、という狙いのサブスクのようです。

質の高い家具に囲まれて生活が出来て、処分する費用と手間が省けるサービス、実際に長期間使って購入するかどうかを判断できるサービス、と考えればいいのかもしれませんね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました