長崎に猫が多い理由や長崎猫の特徴は?鍵しっぽに隠された秘密とは?

長崎
DSC_0342

長崎に来たことがある方は猫の多さに驚かされた事があるのではないでしょうか?
また、長崎猫には特徴があり、鍵しっぽと言われる独特のしっぽを持つ猫が多いことでも知られています。

そんな長崎に猫が多い理由や鍵しっぽについて紹介していきたいと思います。

長崎に猫が多い理由や長崎猫の特徴は?

長崎に猫が多い理由が何かあるのでしょうか?
餌が豊富なのか?飼われている猫が多いのでしょうか?

長崎猫の特徴についても見ていきたいと思います。

長崎に猫が多い理由は?

長崎は昔から貿易港として栄えてきて、船で貿易品を運ぶ。この貿易品を運ぶのに一番やっかいな小動物の存在・・・

それはネズミです。

昔は、ネズミを駆除するために、船に猫を飼っていました。

イギリスでは、船に猫を飼っていなかったら貨物への被害防止に消極的だったとして、貨物の保険金支払いをしないという決まりがあったほど、船には猫が重宝されていました。

長崎の港でも、倉庫街があり、倉庫の中の荷物を守るのに意図的に猫を飼っていた可能性があります。

港町が故に、道端で干したり、落ちている魚を餌に生きる猫もいたのではないでしょうか?

その様な要素が多い長崎では、昔から猫が多かったのではと推測されます。

余談・・・船とネズミ

現在の船でも、ネズミは厄介者とされています。特に外国から知らず知らずのうちにネズミを連れてくると、船内の食料を漁ったり、はたまた外国の港でそのネズミが船から脱走して、その街になかった新たな病原菌をネズミを介して運んでしまったりします。

現在でも、外航船(外国航路を走る船)では、ネズミに対して「駆除証明書」「駆除免除証明書」が必要で、なかったら船の運行を止められたりします。

また、ネズミが船に出入りするであろう船の係船ロープには「ラットガード」なるものを取り付ける様にしています。

ラットガード

長崎猫の特徴は?

長崎の猫は、しっぽに特徴があります。
「鍵しっぽ」とか「尾曲がりねこ」と呼ばれています。

「尾曲がりしっぽ」には種類があり、

  1. 曲がりしっぽ・・・尾の先端が折れ曲がっているしっぽ
  2. 短尾・・・途中で切れたような短いしっぽ
  3. お団子しっぽ・・・尾がクルクル回って団子のようになったしっぽ

の3種類に分かれています。

市民団体「長崎ねこ学会」によれば、長崎の猫の75~80%は鍵しっぽであるということです。

長崎尾曲がりネコ学会ホームページ

鍵しっぽに隠された秘密とは?

しかし、なぜ長崎のねこは「鍵しっぽ」が多いのでしょうか?

「鍵しっぽ」が長崎に多い背景

江戸時代以前の絵画にはしっぽが曲がった猫が描かれておらず、「鍵しっぽ」は外来種と言われています。

「鍵しっぽ」の猫は、インドネシアが原産国で、多く見られると言われています。長崎とヨーロッパの貿易の中継地点でインドネシアのバタビアには、オランダの東インド会社があり、そこでネズミ対策で船に猫をのせて長崎に来港していたので、その船に乗った猫が長崎で船から脱走して住み着いたと考えられます。

「鍵しっぽは」は縁起が良い?

江戸時代、猫は長く生きるとしっぽが割れて猫又になり、人を食べると言われていました。「鍵しっぽ」の猫は猫又にならないと言われていて、重宝されていていたとの事です。

また、中国では「鍵しっぽ」の猫が希少だからなのか、幸せの鍵を開けるしっぽとも言われているとの事です。

今、長崎は猫ブーム?

最近、長崎では「猫推し」なのか、猫に関する色々なものが出てきてます。

路面電車「みなと」

長崎の路面電車に尾曲がりねこをモチーフにした「みなと」号が運行。
長崎の猫好きは、いつかあの電車に乗ってみたいと思っているとか。

電車のデザインはJR九州の『ななつ星in九州』で名高い工業デザイナー・水戸岡鋭治氏が手がけたもの。

スポンサーリンク

千寿庵 長崎屋

こちらには、猫好き家族からのリクエストにお答えして、長崎オマガリにゃまがしとオマガリにゃすてらを販売してます。

オマガリにゃまがし

オマガリにゃすてら

 千寿庵 長崎屋

〒850-0017 長崎県長崎市新大工町4-10
TEL 095-822-0543 FAX 095-821-6482

営業時間 9:00~18:30
定休日:日曜日

長崎の猫雑貨

長崎の観光地、眼鏡橋の近くにある、その名も「長崎の猫雑貨」

その名の通り、長崎のねこグッツがいっぱい。


長崎の猫雑貨 (トリップアドバイザー提供)

長崎の猫雑貨

〒850-0875 長崎県長崎市栄町6−7

TEL 095-823-0887

営業時間 11:00~18:00

長崎尾曲がり猫神社

長崎の観光地、眼鏡橋の近く(正確には一つ下流の袋橋)の近くに、長崎尾曲がり猫の聖地、「長崎尾曲がり猫神社」ができました。

中には、尾曲がり猫の御神体や、猫グッツが並んでいます。
猫おみくじも販売しています。

長崎尾曲がり猫神社フェイスブック

〒850-0854 長崎県長崎市銀屋町2−15 古川町共同ビル1F

TEL 095-895-7704

営業時間 10:30~17:30(土曜日のみ18:00まで)

定休日 火曜日

長崎に猫が多い理由や長崎猫の特徴 まとめ

何回も繰り返していますが、長崎は猫が多いです。野良猫も多数生息しています。その理由として

  1. 車が入らない道が多く事故率が低い
  2. 温暖だから、冬に凍死しない
  3. 海に面しているので魚などの餌を確保しやすい

などあげられます。その反面、増えすぎた犬、猫の殺処分も日本ワーストクラスで、不名誉な記録もあります。

長崎のかわいい猫たちを見てもらえるのは嬉しいのですが、決して餌などは与えないで頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメント