ツイッターの経営がヤバい?課金システム導入の可能性や世間の反応を調査してみた

日常

ツイッターといえば、無料でツイートをしたり、芸能人や友人のツイートを見る、いいねやコメントを乗せる、リツイートして拡散させるなど、手軽に使えるSNSですよね。

私も芸能人の公式アカウントや、スマホのゲームアプリの公式アカウントをフォローしていて、最新情報は基本的にツイッターからチェックしています。

ツイッターの魅力は無料で使える点も含まれていたので、もしも課金システム(有料)になったら、個人的にはちょっと嫌だなぁ…と思いました。

ツイッターの課金システムとはどういうものを検討しているのか、世間の反応も調査してみました。



ツイッター社の経営状態

元々ツイッターは、利用するための月額料金などはなく、無料でアカウントを登録して誰でも気軽に使うことができるもの。

世界中で多くの人が、ツイッターを利用していますよね。

そんなツイッターは、数百万人のユーザーを対象としたターゲティング広告を配信することで、それを収入源にしていました。

しかし現在は、世界中で新型感染症が流行しており、その影響で広告収入が激減したのだとか。

2020年4月~6月決算での売上高は、前年同期比よりも19%減、最終損益は12億ドルもの赤字になってしまったそうです。

ツイッターは世界が対象なので、新型感染症の影響もかなり大きく受けてしまったのかもしれません。

12億ドルって、かなり高額ですよね…。



課金システム導入の可能性は?

新型感染症は未だに終息の兆しを見せていませんから、そうなるといつまで赤字が続くのかも分かりません。

そこで大手SNSのツイッターが、課金システムの導入を検討していとの事。

課金システムを導入して収入源を確保しないと、ツイッターそのものの存続ができなくなってしまう可能性も、ありそうです。

私はそこまでツイッターに依存しているわけではありませんし、ツイッターはあくまでも情報収集のために利用しているのですが、それでもなくなってしまうのは困りますね。

今まで無料だったものが有料になるのはなんだかな~と感じてしまいますが、やむを得ないのかもしれません。

しかし、まだ検討段階ですので、すぐにでも課金が始まるわけでもないし、無料だから使用する人も多いので意外と課金システムを採用しないで違う方法で収益を上げる方法を考えているかもしれません。



ツイッターに課金システム導入検討に関する世間の反応

最後に、ツイッターに課金システムを導入することを検討している、ということに関する世間の反応をご紹介します。

どんな意見があるのでしょうか。

こちらの方は、課金が始まったらツイッターをやめるかも、と考えているようです。

ツイッターの広告を消すためなら、課金してもいいという人もいます。
確かにツイッターに頻繁に広告が出てくるとちょっとウザイので、気持ちはかなり分かります!

課金してもいいから、もう少しユーザーの意見も聞いてほしいという意見です。

その他にも、「昔の仕様に戻してくれるなら課金する」という人もいました。

口コミから分かることは、多くの人がツイッターの広告を「必要ない」「じゃま」だと感じているということでした。



まとめ

ツイッターが課金システムの導入を検討している、ということについて、ご紹介しました。

世間を騒がせている新型感染症は、ツイッターの運営にも大きな影響を及ぼしているようです。

ツイッターの課金システムがどのような形で導入されるのかは分かりませんが、今後も様々な形で新型感染症の影響は出てくるものと思われます。

早く感染症が収まり、色々な心配をしないで良い日が来ると良いですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました