卒業式に母親の着ていく服装のマナーは?NGコーデや小物など検証してみた

日常

卒業式に母親の着ていく服装のマナーやNGコーデ、小物などについてご紹介します。

もうすぐ卒業式ですね!

お子さんの晴れ姿は感慨深いものですが、その前にママの服装は決まりましたか?

主役であるお子さんの服装はキチッと考えている方も、意外とママの服装は考えていないなんてことも。

卒業式当日が近づいてから焦らないように、今からしっかり準備しておきましょう。

  • 卒業式に母親はどんな服装で行けばいいのかな?
  • これはダメ!っていうNGコーデはあるの?
  • 服装だけじゃなくて小物についても知りたい!

こんなお悩みを解決していきますよ~!

卒業式の服装や小物で悩んでいるママさん、必見です!!



卒業式に母親の着ていく服装のマナーは?

まずは、卒業式に着ていく母親の服装のマナーについてご紹介します。

卒業式は、セミフォーマルのドレスコードがある式典。

つまり、【フォーマルな服装】であることが求められるわけです。

〈卒業式の母親の服装・スーツ〉
卒業式の母親の服装としてもっとも多いのは、やはりスーツでしょう。

スカート、パンツスーツ、ワンピース、どれでもOK。

幼稚園の卒園式では着物を着ているお母さんも見かけますが、私の経験上、小学校や中学校の卒業式で着物を着てくるお母さんはほとんどいないような気がします。

着物がダメというわけではないのですが、卒業式の主役はあくまでもお子さんなので、お母さんは周りから浮かないように周りと合わせた服装にしておいた方が良いのかな?と思います。

卒業式の母親の服装・色

卒業式の母親の服装は、黒系にしておくといいでしょう。

卒業式は【別れ・感謝】の意味合いのある式で、どちらかというと悲しさや寂しさの強い式ですよね?

そうなると、明るい色よりも寂しさが伝わる黒系の暗い色のスーツの方が良いのです。

とはいえ、正直なところ華やかさもプラスしたいもの。

そんなときは、ブラウスやバッグを白系にするなどして華やかさをプラスし、ジャケットは黒というのが無難でしょうね。

実際、私も何度か卒業式に参列していますが、卒業式に白のジャケットで来る人は見たことがありません。

ラメが入っている黒系ジャケットというのも、おしゃれでおすすめですよ♪



卒業式のNGコーデ

卒業式の主役は、冒頭でもお話ししたようにお子さんです。

母親は、あくまでも脇役という立場を忘れないようにしましょう。

また、卒業式はセミフォーマルな式典であることも忘れないでください。

セミフォーマルということは、カジュアルすぎる服装はNGだということ。

極端な例でいうなら、

  • ジャージ
  • デニム
  • フード

は完全にアウトですね。

まぁ、卒業式にジャージやデニムで参列するお母さんはさすがにいないと思いますが。

フォーマルスーツやセレモニースーツを購入しておけば、とりあえずその場から浮いてしまうということはないでしょう。

また、フォーマルな式典というと「ブラックフォーマルの方がいいの?」と思うかもしれませんが、個人的にはブラックフォーマルはあまりおすすめしません。

なぜなら、女性のブラックフォーマルは喪服というイメージが強いから。

私も、ブラックフォーマルは喪服としてしか着用したことがありません‥。

ただし、私立の学校などは「卒業式はブラックフォーマルで」と指定されていることもあるようなので、まずは学校に確認してみることをおすすめします。



卒業式におすすめの小物

最後に、卒業式におすすめの小物についてお話しします。

卒業式はスーツで行くのが基本ですが、スーツだけでOKというわけではありません。

最低限ほしいものとして、

  • バッグ
  • アクセサリー
  • コサージュ

の3つがあります。

この3つについて、どんなものがいいのかオススメをご紹介していきましょう。

①バッグ

↑バックのお店SUNAMIのショップリンクです。
フォーマルブランドの代名詞、濱野のフォーマルバッグです。
卒業式だけでなく、入学式や全ての冠婚葬祭の場で使えるので、1つ持っていると便利ですよ♪

濱野のフォーマルバッグは品質もとても良いですし、見た目も上品。
さらに、オマケとしてサブバックが選べるところも嬉しいポイントです。

↑アクセサリーのお店、アスカショップのショップリンクです。
②アクセサリー

卒業式のアクセサリーといえば、やはりパールがおすすめ。
ネックレスとピアス、もしくはイヤリングのセットです。

③コサージュ

↑コサージュのお店、カマクラクラフトのショップリンクです。
卒業式は黒系のスーツだからこそ、華やかさを出すためにコサージュを着けることをおすすめします。

こちらのコサージュはカラーも豊富なので、自分の好みのものを見つけられるのではないでしょうか。

白系やグレーなら、卒業式でも入学式でも使えますよ。


卒業式に着ていく母親の服装について、ご紹介しました。
まとめ

卒業式は子供がメインなので、つい自分の(母親の)服装のことは後回しになってしまいがち。

最近では、卒業式の母親の服装もそこまで厳しくないような気がしますが、やはり周りから浮いてしまうのは嫌ですからね。

地域や学校によっても多少の違いはありますが、「フォーマル」を意識しておけば問題はありません。

変な風に注目を集めることのないよう、お母さんの服装にも気遣っていきましょう!



コメント

タイトルとURLをコピーしました