香水・武蔵野ワークスの種類や人気ランキングは?購入方法や口コミなど紹介

日常

香水というと、なんとなく海外のブランドのものをイメージする人も多いと思いますが、日本生まれの香水もあるんです♪

それが、武蔵野ワークスの「和の香水」。

日本人に馴染みやすい香りばかりで、使いやすいと好評なんですよ。

種類も多く、なおかつ小さいサイズもあるので、お試しにも最適!

ここでは、武蔵野ワークスの香水にフォーカスを当ててみましょう。

武蔵野ワークスの香水の種類や人気ランキング、購入方法をご紹介します。



武蔵野ワークスの香水・全種類一覧

まずは、現在武蔵野ワークスで販売されている香水を、全種類ご紹介します。

  • すみれ
  • すずらん
  • 花火
  • 蜜柑の花
  • 椿
  • オールドローズ
  • 睡蓮
  • 沈丁花
  • 金木犀2015
  • 木蓮
  • 野ばら
  • ろうばい
  • 月桃for men
  • 白梅
  • 沈香
  • 百合
  • 葛の花
  • スノーミント
  • ホワイトフリーシア
  • Poro Nupuri
  • 摩天楼
  • ブラックチベル
  • 菩堤樹(リンデン)の花
  • 水仙
  • 白檀(サンダルウッド)
  • 蓮花
  • 柑橘系
  • ロサブラン
  • スイカズラ
  • 樹海
  • サンタの贈り物
  • ローズの贈り物
  • ジャスミン
  • サイレンス
  • さくら
  • ピーチ
  • くちなし
  • 菖蒲の葉
  • スイートピー
  • ヘルシンキ空港
  • 5月の贈り物

武蔵野ワークスの公式サイトを見たところ、こんなにたくさんの種類がありました!

香りのイメージができるものもありますが、正直イメージの湧かないものもありますよね。

「サンタの贈り物」とか「ヘルシンキ空港」なんて、私には全く香りのイメージができません(笑)

武蔵野ワークスの香水・人気ランキングは?

武蔵野ワークスの香水はたくさんあるので、率直に「どれが人気なの?」と思いますよね。

ただ、香水は好みがありますので、ランキングはあまり意味がないんじゃないかな…というのが、個人的な感想です。

さっぱりした香りが好きな人もいれば、甘い香りが好きな人もいますからね。

あくまでも参考というレベルですが、武蔵野ワークスの香水で人気が高いのは、

  • 金木犀2015
  • 沈丁花
  • 白檀(サンダルウッド)
  • スノーミント
  • 樹海

あたりのようです。

金木犀の香水ってあまり見かけないので、ちょっと試してみたい気はしますね!

また、武蔵野ワークスのTwitterでは、香りを選びやすくするために、商品を厳選してチャートで選びやすくできるようにしているので紹介したいと思います。

武蔵野ワークスの香水の購入方法

武蔵野ワークスの香水は、店舗での販売は行っていません。

販売は通販のみとなります。

武蔵野ワークス公式サイト

https://www.fragrance.co.jp/intro/perfume09.html

Amazonにも過去には出品されていたようですが、4月13日現在、Amazonでは在庫のあるものはありませんでした。

楽天でも検索してみましたが、4月13日現在ではヒットはゼロ。

現在は、武蔵野ワークス公式サイトのみで購入ができるようです。

ただ、現在は急激に人気が上がり、通販でも手に入りにくいようです。

香水は、4mlと25mlがメインですが、種類によっては1mlというのもあるようです。

ミニボトルやお試しサイズがあるので、気軽に試せそうですよね!

通販のみだと香りのサンプルがないので、なかなか買えないな…という人も、お試しサイズがあるのはありがたいところです。

武蔵野ワークスの香水の口コミ

最後に、武蔵野ワークスの香水の口コミをご紹介します。

  • 香りの分からないものも、1mlのサンプルがあるのでとても便利
  • 金木犀の香りがとても好き。女性同士で遊んでいるときにも、「いい香り」と褒められた
  • 上品な香りばかりで、どれも好き

またTwitterでも武蔵のワークスの香水は評判です。

やはり、1mlのサンプルサイズがあることを評価している人が多かったですね♪

一番人気の金木犀の香りは、リピーターもとても多いようです。

私も、試してみたくなりました!

まとめ

日本生まれの香水メーカー、武蔵野ワークスの香水をご紹介しました。

武蔵野ワークスの香水は種類もたくさんあるので、自分のお気に入りがきっと見つかるはず。

現在は手に入りにくいかもしれませんが、お気に入りの1つを探してみてくださいね!



コメント

タイトルとURLをコピーしました