ローマ法王フランシスコ来日!どこを訪問?前教皇の足跡を元に予想!

長崎

2019年11月下旬、ローマ教皇が来日されると報道がありました。
前教皇のヨハネパウロ2世から実に38年ぶりの訪日。
日本のカトリック信者は、期待に胸を躍らせている事でしょう。
今日は、前教皇ヨハネパウロ2世が来日した時の足跡を元に、
現教皇のフランシスコがどこを訪問されるか予想したいと思います。

 



ヨハネパウロ2世の足跡

1981年2月23日

15時05分 フィリピンより羽田に到着
15時50分 東京・文京区 関口にある東京カテドラル教会訪問
17時30分 東京・千代田区にある駐日ローマ法王庁大使館 大使館到着 宿泊

1981年2月24日

11時00分 皇居で昭和天皇と会見
14時00分 駐日ローマ法王庁大使館に戻り鈴木善行首相と会見
15時15分 後楽園球場で教皇ミサを行う
17時15分 日本武道館で「ヤング・アンド・ホープ大集会」に出席(司会はアグネス・チャン)
19時30分 駐日ローマ法王庁大使館に戻り、在京外交官の集いに参加 宿泊

1981年2月25日

07時20分 上智大学を訪問
08時25分 羽田空港発
10時10分 広島空港到着
10時30分 平和公園にて「ローマ法王歓迎の集い」に出席
12時00分 原爆資料館見学
15時15分 広島市中区にある、広島カテドラル幟町教会を訪問
16時00分 広島空港発
17時10分 長崎空港着
18時00分 長崎市・浦上天主堂にて司祭叙階ミサ

1981年2月26日

09時45分 長崎市松山競技場にて長崎殉教者記念ミサ
15時20分 長崎市・西坂にある二十六聖人記念館訪問
15時55分 長崎市・大浦天主堂を訪問
16時35分 長崎市・本河内にある聖母の騎士修道院訪問
17時05分 長崎市・三ツ山にある恵の丘長崎原爆ホーム(老人ホーム)訪問
20時40分 長崎市・浦上にあるカトリックセンターにて離日の挨拶
22時00分 長崎空港発 (アンカレッジに向け出発)

現教皇 フランシスコが訪問しそうな所を予想

前述の通り、2019年11月下旬に来日予定。5日程度の滞在という事で、来日中、どこを訪問するか予想してみたいと思います。

東京

まず、新天皇と安倍首相には面会すると思われます。
盛大なミサも行われると思います。聖職者との集いもありそうです。
となれば、

  • 駐日ローマ法王庁大使館 (要人との会見・宿泊)
  • 皇居 (天皇と会見)
  • 東京ドーム (ミサは多分ここかな?)
  • 東京カテドラル教会 (聖職者と対面)

は間違いなく行くと思われます。後はひょっとしたら上智大学ぐらいですかね。
ひょっとしたら、カトリックの若者の集いをどこかでやるかも。
ワールドユースデイ(世界の若者の集まり)を訪問に合わせて行うのであれば、
また、日本武道館ですかね? 集会の規模によると思います。

東日本(被災地)

前田枢機卿は、フランシスコ教皇との面会で、被災地訪問(福島)を打診してます。
ここでの問題は、被災者に面会し、災害現場を訪問するだけなのか?もしくは、ミサを行うのか?というとこでしょう。そうなってきた場合、福島ではなく、仙台かな?と勝手に予想してます。仙台の方が、飛行機の都合も良さそうだし・・・。仙台に行くとなれば、カテドラルの元寺小路教会は訪問すると思われます。
東京~仙台は新幹線か?

広島

教皇フランシスコは、広島訪問にも意欲を見せているとの事。
となれば前回同様

  • 爆心地公園
  • 原爆資料館
  • 広島カテドラル幟町教会

は訪問すると考えられます。
広島への交通手段は、やはり飛行機になると思われます。

長崎

原爆と世界文化遺産(長崎と天草地方の潜伏キリスタン関連遺産のある長崎は、絶対に訪れると思います。ただ、問題はどこまで時間取れるかというとこでしょう。
ミサは間違いなく行われるでしょう。長崎では行事を色々と行うと思うので、1泊はすると思うのですが・・・。となれば、

  • 長崎大司教館(宿泊はここかな?)
  • 浦上天主堂・カトリックセンター(大司教館と浦上天主堂・カトリックセンターは隣り合わせにあるので、小さな催し物はこのあたりかな?)
  • 日本二十六聖人殉教地(西坂)
  • 日本十六聖人記念碑(中町教会)
  • 大浦天主堂 (世界文化遺産)
  • ビックN長崎球場 (ミサはここかな?)
  • 聖母の騎士修道院 (聖人コルベ神父ゆかりの地)
  • 恵の丘原爆ホーム (原爆を体験したお年寄りがいるので多分・・・)

とこんな感じだと思います。

まとめ

現教皇フランシスコは、現在、カトリック聖職者の児童への性的虐待問題に頭を痛めてます。そんな中での訪日なので、性的虐待の問題が直前で変な方向に発展しないと良いのですが・・・。

実に38年ぶりの訪日なので、実現してもらいたいものです。

後、前教皇ヨハネパウロ2世が訪日した際は61歳と若く、現教皇フランシスコは現在81歳の高齢。体力的に無理はさせられません。従って、スケジュールも比較的ゆっくり組まれるのでは?となれば、訪問する場所も限られてくるのでは・・・。

教皇訪日のスケジュールがわかったら、追記したいと思います。

6月16日追記

先日6月15日の報道によれば、教皇フランシスコは11月23日から2泊3日の予定で来日する方向で調整中とのことです。被爆地の広島、長崎と天皇陛下、首相とも会見するとのことでしたので、東京の3カ所になるのではないでしょうか。

教皇は81歳の高齢ですので、スケジュールには少し余裕を持たせるものとみています。

そうなれば、被災地訪問ではなく、東京在住の福島第一原発避難者との面会にとどまるのでは?と個人的には考えます。

また教皇は、死刑廃止を訴える団体との面会を検討しているとも報道がありました。
死刑廃止を訴えている教皇なら会っておきたいところではないでしょうか。

また何かわかったら追記したいと思います。



コメント