無料のバイオマスレジ袋を導入したレジ袋無料の店はどこ?世間の反応も紹介

日常

7月1日よりレジ袋の有料化がスタートしましたが、一部の店舗ではレジ袋の無料配布を続けているようです。

全国一斉に始まったレジ袋の有料化。

環境汚染対策の1つとして始まったわけですが、中には7月1日以降も無料のままレジ袋を提供しているお店もあるとのこと。

状況によってはレジ袋のほうがありがたいこともありますし、どこのお店ではレジ袋が無料なのかは知っておきたいですよね。

ここでは、レジ袋無料のお店はどこなのか、紹介していきたいと思います。

また、海外のレジ袋に対する反応や世間の反応についても調べてみました。



レジ袋が全国一斉に有料化

7月1日、容器包装リサイクル法の省令改正により、プラスチック製のレジ袋が全国で一斉に有料化になりました。

有料化といっても、値段が決められているわけではありません。

お店によって独自にレジ袋の値段を決めることができるため、レジ袋の値段は【2円~8円】くらいとバラバラです。

とはいえ、だいたいは3円~5円くらいが多いですね。

私の近所のスーパーや100円ショップでも、ほとんどは1枚3円になっていました。

今まで食料品を買いに行くときにはマイバッグを持参していましたが、その他の買い物のときにはマイバッグは持っていなかったので、買い物に行って初めて「あ、ここも有料化か…」と思うこともしばしば。

衣料品や雑貨などでもマイバッグが必要になるのかと思うと、いくら環境のためとはいえ正直ちょっと面倒だな…と感じてしまいました。



無料で提供できるレジ袋とは?

レジ袋の有料化は全国で一斉に始まったわけですが、無料で提供できるレジ袋もあります。

それは、植物に由来するバイオマス素材を25%以上含んだレジ袋のこと。

見ただけでは違いは分かりませんが、バイオマスレジ袋であれば、今まで通り無料のまま提供することが可能です。



無料のままレジ袋を提供している店舗はこちら

それを踏まえて、レジ袋の有料化をきっかけにバイオマスレジ袋の導入を始めたお店もあります。

バイオマスレジ袋を導入すれば、今まで通り無料のままレジ袋を提供することができますからね。

7月2日時点で、レジ袋を無料のまま提供しているのは、以下のお店です。

  • 餃子の王将
  • 無添くら寿司
  • 吉野家
  • 松屋
  • すき家
  • サイゼリヤ
  • すかいらーくグループ(ガスト・ジョナサンなど)
  • リンガーハット
  • ロイヤルホールディングスグループ(ロイヤルホスト・天丼てんやなど)
  • マクドナルド
  • モスバーガー
  • ケンタッキー・フライド・チキン

こうしてみると、すべてテイクアウトのできる飲食店ですね。

新型感染症の影響で、外食産業のテイクアウト率はかなり高くなったと言われています。

しかしレジ袋が有料化になってしまったら、また客足が遠退くかもしれませんよね…。

それに、モノによってはマイバックに入れるのをためらうものもあります。

それらを総合的に判断した結果、上記の飲食店ではバイオマスレジ袋を導入し、引き続き無料で提供していくそうです。

確かに、テイクアウトするときにマイバックを持参したことは今までにないので、無料のまま提供してくれるのはありがたいです。

また、北海道では

  • セイコーマート
  • アインホールディングス

でレジ袋を無料のまま提供することを決めています。

バイオマスレジ袋ならば無料でも問題ないわけですが、他の店舗が軒並みレジ袋を有料化して環境問題と向き合っているのに…という、否定的な意見もありそうですね。



海外では再びレジ袋無料化の動きもある

日本では7月1日からレジ袋の有料化が本格的にスタートしたわけですが、海外ではなんと再び【レジ袋が無料化】の動きもあるようです。

アメリカのカリフォルニア州では、2016年にプラスチック製のレジ袋を禁止し、繰り返し使える袋や紙袋に変更しました。

しかし新型感染症の影響で2020年4月、繰り返し使える袋を客が持ち込むことで従業員の感染リスクが高まるとして、一転してレジ袋の無料化が始まりました。

一時期は日本のスーパーなどでも、「マイバックへの袋詰め」は個人が行う(従業員はやらない)という流れがありましたが、確かにどこから感染するかわからないですからね…。

日本でもレジ袋の有料化が始まったばかりですが、今後の感染状況によっては有料化は廃止になる可能性もあるかもしれません。

レジ袋有料化に関する世間の反応

最後に、レジ袋有料化に関する世間の反応を見てみましょう。

確かにレジ袋だけ有料化するのも「?」ですし、スプーンやフォーク、その他の袋が無料なのも「?」ですよね。

私もレジ袋はゴミ袋として使っていたので、ゴミ袋を買うことは環境汚染に繋がらないのか…と日々考えてしまいます。



レジ袋無料の店はどこ?まとめ

レジ袋有料化、レジ袋を無料のまま提供する店舗について紹介しました。

レジ袋の有料化は始まりましたが、一部のレジ袋なら無料のままでもいい、というのは、個人的にはちょっと分かりにくいなと感じました。

もちろん環境問題は身近なものなので、プラスチックごみを減らすことには賛成です。

ただ、プラスチックごみを減らす目的で行うのなら、もっと徹底的にやるべきなのではないか、とも思います。

とはいえ、レジ袋をゴミ袋として使っている立場としては、一部の店舗でも無料のままレジ袋を提供してくれるのは、とても助かっています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました