【自民党選対委員長】遠藤利明氏のプロフィールは?過去の不祥事や家族を調査してみた

政治

先日行われた2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部長を務めた遠藤利明氏。

遠藤氏が自民党選対委員長に任命されることが9月30日に発表されました。

遠藤利明氏は一体どんな人物なのか、過去に起こした不祥事についてやご家族についてなどをこの記事で紹介していきます。



遠藤利明氏のプロフィール

えんどう利明オフィシャルサイト
山形一区衆議院議員 「遠藤利明」 の公式サイトです。

本名:遠藤利明(えんどうとしあき)
生年月日:1950年1月17日’(71歳)
出身地:山形県上山市
血液型:B型
身長:170cm
体重:83kg
学歴:中央大学法学部法律学科
所属:自由民主党(谷垣グループ)

  • 国務大臣(東京オリンピック競技大会・東京パラリンオリンピック競技大会担当)
  • 文部科学副大臣
  • 自民党幹事長代理
  • 自民党教育再生実行本部長

などを歴任。
そして自民党総裁選で選挙対策本部長を務めたことでも知られています。



遠藤利明氏過去の疑惑

遠藤利明氏の過去にあった不祥事疑惑を紹介します。

「個人献金報道」

英語の授業で日本人教師を補佐する外国語指導助手を派遣する東京都内の民間会社の創業者から遠藤氏が2010年〜2014年の5年間で計955万円の個人献金を受けていました。

毎日新聞は文科省の担当が外国語指導助手を求めて遠藤氏から声をかけられたことがあったと報道していたが遠藤氏は「報道は事実誤認に基づいており遺憾に思う。」としています。

「平田牧場からの献金」

2015年7月7日遠藤氏に関連する3つの政治団体が平田牧場の4名から同日に計500万円ほどの献金を受けていたことが政治資金収支報告書から発覚。

産経新聞は「実質的には企業献金にも該当する恐れもある」と識者のコメントを掲載しているが遠藤氏と平田牧場は「法案と献金は無関係」としています。

遠藤氏は当時官房長官だった菅義偉に対して「記事は具体的な根拠がなく全くの事実無根だ」と報告。
記事の訂正と謝罪を求めるための法的措置を含めて検討する考えを示しました。



遠藤利明氏の家族や親族

遠藤利明氏の家族を紹介します。

妻・遠藤真理子さん

真理子さんに関しては名前以外あまり情報が公開されていませんでした。

不確かですが、東哉会のホームページに掲載されていた写真に映っているのが真理子さんではないかと思われます。

長男・遠藤寛明さん

遠藤ひろあき オフィシャルサイト

遠藤寛明(えんどうひろあき)
1986年11月21日’(34歳)
AB型
山形県県議会議員
慶應義塾大学大学院修士課程 修了
自由民主党

  • 農林水産常任委員長
  • 経済活性化・雇用対策特別委員会 所属

高校時代は日本大学山形高等学校ではサッカー部に所属していました。

日本大学山形高等学校はインターハイ、高校選手権ともに県内最多の全国大会出場という経歴をもつ強豪のようです。

大学卒業後はアメリカの戦略国際研究所やパナソニックに所属し、父親の遠藤利明氏の事務所で経験を積み2019年に山形県議会議員に初当選しています。

長女

娘さんについては情報がほとんどなく、ただ遠藤寛明氏の公式ホームページの家族構成欄に「父、母、姉」と記載されているので寛明氏より年上なのでしょう。

情報がないということは政治関係のお仕事には就いていないのではないかと思われます。

叔父・鈴木行男氏

遠藤利明氏の両親の事は調査してみましたがわかりませんでした。

唯一、叔父の鈴木行男氏が上山市の市長をされていました。

上山市は昭和29年に周辺地域が合併してできた市なのですが、鈴木氏は合併された西郷村の村長をされていたとのことです。

遠藤利明氏は世襲議員にはならないと思いますが、この鈴木行男氏の影響は大きかった事が想像できます。



遠藤利明氏まとめ

遠藤利明氏のプロフィールや過去の疑惑と家族や親族を紹介しました。

今後の政治界での遠藤氏のご活躍、息子さんの寛明氏のご活躍にも期待ですね。

 



コメント