google-site-verification: google696a56c1b593f65c.html 九州国立博物館の三国志展は何が展示されているの?世間の盛り上がりも紹介 | | 思無邪(おもいによこしまなし)

九州国立博物館の三国志展は何が展示されているの?世間の盛り上がりも紹介

DSC_0444

九州国立博物館で三国志展が行われています。
日本人は三国志好きが多いといわれていますが、私が博物館を訪れた時にも多くの来場者が見学していました。

そこで、三国志展のネタバレや世間の反応など紹介したいと思います。



九州国立博物館の三国志展は何が展示されているの?

特に印象に残った展示物を紹介していきたいと思います。

張飛の蛇矛

入ってすぐにありました。
これは、写真を撮らず素通りはできません。

入り口の関羽像。

これも素通りできません。
神様になっただけあって、迫力十分です。

十万本の矢 イメージ展示

実際の戦場はこんな感じで矢が飛び交っていたんでしょうか。

 

人形劇三国志の実物

孟獲

甘寧

孫権

献帝

曹操

曹丕

曹植

 

諸葛亮

劉備

横山光輝氏の三国志漫画の原画

桃園の誓い

桃園の誓い2

黄巾賊との戦い

千本の矢

孔明と魯粛

曹操の最後

孔明の死期

あとは、中国各地からの貴重な出土品や、曹操の墓の展示、そして何より三国志グッツの販売はたまらないものがあります。



世間の盛り上がりも紹介

ツイッターでも三国志展の反響が沢山寄せられています



九州国立博物館の三国志展は何が展示されているの? まとめ

私は、1時間半しか時間が割けなかったのですが、まだまだ見学には時間が欲しいぐらいだした。
少し遠いですが、もう一回足を運んでみたいですね。

注意点としては、「三国志展」は1月5日までとなっています。
また、12月23日から31日は休館日となりますので、2010年1月1日~5日までの5日間が最後のチャンスになります。

三国志ファンには是非足を運んでもらいたいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました