船員が見る無料お天気サイト!!おすすめ8選

海・船

海に関わる人は意外と多いと思います。私みたいな船乗りをはじめ、海上工事プロジェクトに関わる人、潜水士、漁師、釣り人、サーファーと色々思いつきます。近年、スマホの普及で海上での作業に必要な情報が検索しやすくなっています。そんな中、役に立ちそうなサイトをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ウェザーニュース

お天気サイト大手のウェザーニュース。ここにお世話になっている人は多いはず。天気、雨雲レーダー、実況天気、衛星画像、台風情報、地震情報、天気図、マリン情報と幅広く展開。
有難い事に、無料コンテンツも多く、有料情報はより精密になります。
パソコン・スマホアプリでも利用可能です

パソコンサイト

 

ウェザーニュース

ウェザーニュース
開発元:Weathernews Inc.
無料
posted withアプリーチ

MIRC(海洋情報研究センター)

潮流予測

海洋情報研究センターが発表する潮流情報。
狭水道を通る時に重宝してます。

MIRCマリン情報 潮流予測

潮汐情報

日本各地の潮汐、日出没の情報を公開
詳細な港の潮汐まで網羅してます。

MIRCマリン情報 潮汐情報

日月出没時刻表

日本各地の全市町村の日月出没が検索できます。

MIRCマリン情報 日月出没時刻表

国際海洋気象株式会社のサイト

沿岸波浪予報から雨雲レーダー、天気図、天気予報文など幅広いデータが公開されています。気象庁発表をデータ化しているのか?気象庁が古草木海洋株式会社のデータを使用しているのか?気象庁発表のデータとなってます。

IMOC 国際気象株式会社

また、お天気アプリ航空波浪気象情報も運用しています。

 

航空波浪気象情報

航空波浪気象情報
無料
posted withアプリーチ

気象庁ホームページ

海洋気象株式会社と情報的には変わらないと思いますが、気象庁も情報発信しています。ただ、情報量は半端なく多く、気象から地球環境・機構と海洋、地震、津波、火山の予報から過去のデータまで扱っており、見ごたえは十分です。

気象庁のホームページ

スポンサーリンク

バイオウェザーサービス

こちらは、いであ株式会社が運営する天気サイト。普通の天気だけではなく、健康予報まで発信しているサービス。なんと、1953年に㈱トウジョウ・ウェザーサービスセンターとして、民間初の気象会社として創業し、あの「ヤンボー・マーボー天気予報」も担当していたとか。

バイオウェザーサービス

日本気象協会

こちらは、1950年に財団法人として誕生した日本気象協会。あのお天気電話177は日本気象協会が運営するもの。気象庁と混同しそうですが、全くの別物。民間気象会社ということです。天気予報も一通り揃っています。

tenki.jp(パソコンサイト)

 

tenki.jp 現在地の天気・気温と雨雲がわかるアプリ。気象予報士の解説付き

tenki.jp 現在地の天気・気温と雨雲がわかるアプリ。気象予報士の解説付き
開発元:一般財団法人 日本気象協会
posted withアプリーチ

長崎港 風向・風速データ

長崎港内の風向風速がほぼリアルタイムでわかるシステム。長崎港内で働く人にとっては、重宝してます。他の港でも、同じようなサイトを発見したら追記していきたいと思います。

長崎港 風向・風速データ

Windy

日本中の風向・風速を、一週間先まで予測してくれるサイト。
1時間ごとに予測しているので、天気の移り変わりもわかりやすくなってます。かなりピンポイントに拡大できるので、見やすい作りになってます。個人的には、かなり重宝しています。

Windy

 

Windy

Windy
開発元:Windyty, SE
posted withアプリーチ

海上で、微妙な天気だと、ついつい色々な予報を見比べてしまい、どれが本当かわからなくなることがたまにあります。特に少し先の天気ならなおさら見解が分かれてしまう事があり迷います。最近は、スマホアプリで簡単に気象が見れるので、重宝します。

話は変わりますが、ひと昔前までは、気象庁の発表する波の高さは私の感覚的には「最大波高」を発表していたようですが、最近、予報が全体的に低いなと感じていたところ、今回調べているうちに「有義波高」を発表している事がわかりました。航海する者にとっては、最大波高を言ってくれたほうがわかりやすかったのですが・・・・。

他にも、見やすいお天気サイト、アプリがあるようでしたら、情報を頂き、随時追記していくつもりですので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

コメント