2019台風19号発生したら日本への影響は?台風19号のたまごから今後の進路予想と威力を比較してみた!

気象

※2019年10月12日14時更新

台風19号は12時現在、八丈島近くを北北東に時速30㎞で進んでいます。
中心気圧は945Hpaで、今日の夕方ごろから夜には静岡から関東地方に上陸するとみられています。



台風(低気圧)の位置を確認

2019年10月12日正午現在

 

気象庁発表では945Hpaですが、Windyでは941Hpaになってます。

Windyによる台風19号中心位置と風の強さ、今後の動き

10月12日 19:00の予想位置

静岡県御前崎と伊豆半島の間の駿河湾に台風の中心がきています。
Windyによれば、948Hpaとそこまで勢力は衰えていません

10月12日 21:00の予想位置

台風の中心は、湘南付近でしょうか。
この感じでいくと、伊豆半島に上陸し、そのまま関東の内陸を通るルートになりそうです。

中心気圧は960Hpaと依然強い勢力を保っています。

10月13日 0:00の予想位置

栃木と茨城の県境付近に中心がきているようです。
中心気圧は966Hpaと少しずつ勢力を落としていますが、依然強い状態のままです。

10月13日 03:00の予想位置

中心位置は、宮城県の仙台湾にいるもようです。
中心気圧は975Hpaとなっています。

10月13日 09:00 の予想位置

完全に太平洋上に中心が移り、中心気圧も978Hpaと少し弱体しています。
風の渦も少しコンパクトになっているようですので、大分弱体化しているとみてよいのではないでしょうか。

ただ、中心気圧はまだ低いので、それなりに強風は残っています。



Windyによる今後の雨雲の動き

今回の台風19号は、雨脚も強いようで、すでに三重県伊勢市や静岡県静岡市でも冠水被害が報告されています。

10月12日 13:00の様子

台風の進路近くにある、三重県と静岡県に強力な雨雲がかかっているのがわかります。

10月12日 18:00の様子

静岡県から関東全域に強力な雨雲がかかっています。
静岡では長時間にわたり大雨が降っている事になります。

10月12日 20:00の様子

伊豆半島から東北南部にまで強力な雨雲がかかっています。
伊豆半島では、降り始めからすると、降水量が凄い事になりそうです。

10月13日 0:00 の様子

雨雲の中心は東北から北関東へ。

しかし、関東地方全域に雨雲がかかっています。

10月13日 07:00 の様子

雨雲の中心は東北・北海道地方に。
雨の範囲も少しコンパクトになって、台風が弱体化していることがわかります。



Tyhoon2000.comによる各国の進路予想

各国ともに少しのバラツキがあるものの、だいたい似たような進路を取っています。
これくらいのバラツキなら、誤差の範囲と言えるでしょう。



米海軍共同台風警報センターの予想

JTWCは、進路をさらに東よりに変え、伊豆半島方面に向かう予報になってます。
気象庁なども似たようなコースを取っています。



気象庁の台風予報

10月12日12:00現在、中心気圧は945Hpaとなっています。
各気象予報機関、そこまで大きな予報の違いはなさそうです。



影響が出そうな地域は?

すでに冠水、竜巻などの被害が出ている地域がありますが、台風はまだこれから接近します。
十分な警戒をするとともに、身の危険を感じたらすぐに避難するようにしてください。

三重県

すでに伊勢市で冠水の被害が出ています。
12日17時頃に尾鷲港、18時頃に四日市で満潮を迎えます。

現在は大潮の時期で、さらに台風よる吸い上げ効果で高潮の危険性が高まっています。
また、満潮時刻は、台風接近に伴いずれる事もありますので、十分に警戒してください。

静岡県

すでに静岡市で冠水の被害が出ていますが、静岡県は、12日17時頃満潮を迎えます。
長時間にわたり雨脚が強く、また、現在は大潮の時期で、さらに台風よる吸い上げ効果で高潮の危険性が高まっています。
また、満潮時刻は、台風接近に伴いずれる事もありますので、十分に警戒してください。

神奈川県

台風の進路上にある神奈川県は12日16時半頃、13日4時半頃満潮を迎えます。
すでに鶴見川は氾濫危険水位に達しているの情報も入ってきてます。
大潮の時期で、さらに台風よる吸い上げ効果で高潮の危険性が高まっています。
また、満潮時刻は、台風接近に伴いずれる事もありますので、十分に警戒してください。

東京都

海抜0m地帯が多い東京都は、すでに多く報道されている通り冠水被害が予想されます。
降り続く大雨により、河川の水位も上がりきっています。
さらに大潮の時期で、12日16時半、13日4時半頃満潮を迎え、さらに台風よる吸い上げ効果で高潮の危険性が高まっています。
また、満潮時刻は、台風接近に伴いずれる事もあります。
さらに、台風からの南風で東京湾奥では高波も発生する恐れがあり、昨年の関西国際空港のような事態にもなりかねません。
十分な警戒をしていてください。

千葉県

すでに市原市で竜巻被害が発生しています。
千葉県は大雨に加え、台風の右半円を通る可能性が高く、強風被害が予想されます。
頑丈な建物に避難することをお勧めします。
さらに大潮の時期で、12日16時半、13日4時半頃満潮を迎え、さらに台風よる吸い上げ効果で高潮の危険性が高まっています。
また、満潮時刻は、台風接近に伴いずれる事もあります。
さらに、台風からの南風で東京湾奥では高波も発生する恐れがあり、昨年の関西国際空港のような事態にもなりかねません。
十分な警戒をしていてください。

茨城県

台風の進路右半円を通りそうな茨木県は、千葉県同様強風による被害が予想されます。
身に危険を感じたら、頑丈な建物に避難してください。

東北地方

13日午前中にかけて、福島県・宮城県あたりを横断することになりそうです。
横断した後も、そこまで勢力が落ちないと見られるので、過ぎ去った後もしばらくは強風が吹き続けるでしょう。

北海道地方

13日の昼から夕方にかけて最接近になる見込みですが、いくらかの余波があるものの、現在の進路予想では、直撃は免れそうです。

台風19号の特徴  まとめ

今の予報ですと、12・13日に九州から東北まで一気に駆け抜けます。
ハギビス(フィリピン語ですばやい)の名前のごとく、素早く駆け抜ける予報です。

あっという間に過ぎ去りそうですが、相当な風が吹きそうです。

今のうちから避難の準備と避難所の確認、停電の備えなど万が一に備えておくと安心です。

各予報とも、更新ごとに大きく変わる事がありますので、これから後も引き続き監視していきたいと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました