金色ポストが設置されているのはどこ?資金や設置価格は?地元の反応を調査してみた

エンタメ

東京オリンピックで金メダルを獲得した選手を称え、獲得した選手のゆかりの地にあるポストを金色に塗り替える「金色ポスト」が9月24日に設置されました。

その中で女子ソフトボール選手の主将である山田恵里選手を称える金色ポスト第一号はどこに設置されたのか、またどうやって金色ポストが作られたのかなどご紹介していきます。



金色ポストが設置されているところはどこ?

金色ポストが設置されたのは神奈川県藤沢市にある御所見郵便局前のポストです。

御所見郵便局
住所:〒252-0821 神奈川県藤沢市用田617
電話番号: 0466-48-0020

御所見郵便局には駐車場が3台分しかないので、車で訪れる際には注意が必要です。

こちらの正面のポストが金色になったんですね!

最寄り駅はJR相模線になりますが、

  • 門沢橋駅
  • 倉見駅
  • 社家駅
  • 宮山駅
  • 寒川駅

の5駅が最寄り駅になります。
駅から若干離れているので、タクシーを利用したほうが確実かもしれませんね。



資金や設置価格は?

この金色ポストの設置資金は、内閣官房と日本郵便が企画したものと言うことです。

ニュース映像を確認すると、beyond2020という文字化確認できます。

これは、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局のロゴで、現在は文化庁が引き継いでいるとの事。

資金は内閣官房と日本郵便が折半して資金を拠出しているようですね。

価格についてははっきりとわかりませんでしたが、元ある赤いポストを1時間半かけて金色にペイントするので意外とペンキ代はそこまで高くなさそうです。

山田選手の名前、競技名、大会エンブレム、出身地などを表記したプレートが貼られたり、乾燥を繰り返し全て手作業で行われたそうで1つのポストで相当な時間が掛かりそう。
人件費などでもかなりコストがかっていそうですね。

金色ポストはこの他にも全国で70個以上設置予定との事です。



山田選手のプロフィール

今回、藤沢市のポスト設置にゆかりのある、東京オリンピック・ソフトボール競技で金メダルに輝いた山田恵里選手を紹介します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Eri Yamada(@eriyamada19)がシェアした投稿

本名:山田 恵里(やまだ えり)
生年月日:1984年3月8日(37歳)
出身地:神奈川県藤沢市
血液型:A型
身長:165cm
体重:58kg
学歴:神奈川県立厚木商業高等学校
所属:日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部

山田選手は小学1年生から野球をはじめ、高校入学後からソフトボールに転向。
高校ではインターハイ2連覇という好成績を残し、卒業後に日立製作所のソフトボール部に入りました。

打守走の3拍子が揃っており、「女イチロー」とも呼ばれるレジェンド選手です。

北京オリンピックでの決勝戦ではホームランでチームを勝利に導き、東京オリンピックでは主将としてチームを金メダルへと導きました。



地元の反応を調査してみた

金色ポストの反応を紹介します。

 

 

金色ポストの設置にも賛否が分かれるようですね。



金色ポストが設置されているのはどこ?まとめ

東京でオリンピックが開催されたからこその取り組みなのではないでしょうか。

これから全国に70もの金色ポストがお目見えするので、意外と近所にも金色ポストが設置されるかもしれませんね。

ぜひ興味のある方は行ってみて下さいね。

 



コメント