【琴貫鐵】ツイッターで引退宣言!どんな人?プロフィールやSNSの内容や世間の反応を紹介

エンタメ

本日、大相撲の佐渡ケ嶽部屋に所属する序二段琴貫鐵が引退を発表しました。その背景には、新型コロナウィルスの影響があったことがわかっています。

新型コロナウィルスが感染拡大しているなかで、相撲部屋と両国までの移動や身体を密着することが多い相撲をとることが怖いという理由だとか。

 

琴貫鐵は、親方に休業したい旨を相談したそうですが、認められなかったということです。

 

相撲界では、力士が1人新型コロナウィルスでお亡くなりになっていますので、怖いというのがあったのでしょうね。

そこで、今回引退を表明した琴貫鐵を紹介します。

 



琴貫鐵 プロフィール

 

四股名:琴貫鐵 大将(ことかんてつ ひろまさ)

本名:柳原 大将(やなぎはら だいすけ)

生年月日:1998年2月28日([birth day=”19980228″]歳)

出身地:滋賀県大津市

血液型:非公表

身長:175cm

体重:111Kg

学歴:滋賀県大津市立日吉中学校

所属:佐渡ケ嶽部屋

 

中学卒業後、相撲の世界に入った琴貫鐵さん。これからの活躍が期待される1人でした。



 

琴貫鐵 SNSの内容を紹介

今回話題になった、琴貫鐵のツイートを紹介します。

相撲協会では2019年11月より力士のSNS発信を禁じており、琴貫鐵もツイートをやめていました。

今回引退することにより、以前使っていたツイッターアカウントを復活させてようです。

 

ただ、それ以前に貴闘力チャンネルをツイートしたり、不満を漏らしたりなどはしていたようです。

相撲協会、芝田山広報部長は「『コロナが怖いから休場させて』では理屈が通らない」とコメントしていました。

まぁ、確かにサラリーマンも電車で通勤して働いているので、芝田山部長のコメントも一理あるかな?と思いましたが、もっと深いところに理由があったようです。

 

琴貫鐵の引退には、佐渡ヶ嶽部屋の内部事情が絡んでいるようです。

引退後、貴闘力チャンネルに琴貫鐵が出演し、胸の内を語っています。

 

この話では、

  • 入門時にはちゃんと部屋で面倒を見ると約束
  • 中学を卒業したばかりで入門したため、相撲を辞めた後の再就職は斡旋すると約束
  • 中学を卒業したばかりで身体ができていないにもかかわらず、相撲を取らせて怪我をしても面倒を見ない(自分で治療費を捻出させる)
  • コロナにかかっても部屋は面倒を見てくれないのではないか?そうなったらまた親に迷惑がかかる
  • 佐渡ヶ嶽部屋を辞める力士に親方は就職斡旋なんかしていない、約束が違う

などと言った内容でした。

この様な話を聞くとチョットやるせないですね。



 

琴貫鐵の引退宣言 世間の反応を紹介

 

琴貫鐵の引退には、同情する声も多かったようですが、もう少し頑張ってほしかったという意見もありました。



 

【琴貫鐵】引退宣言 まとめ

 

突然の引退発表となり、いろいろな声が聞かれていますが、琴貫鐵の決断を応援する声が多いですね。

これからの活躍が期待されているなかで、残念ですが、第2の人生に向かってすでに前を向いている琴貫鐵力士。

また違った形で活躍されることを応援しましょう!



コメント