【ちむどんどん】宮沢氷魚さんがカッコいい!プロフィールは?家族や彼女の存在などを調査してみた

エンタメ

2022年度前期連続テレビドラマ小説「ちむどんどん」にてヒロイン家族の友人「青柳和彦」を演じる宮沢氷魚さんがカッコいいと注目を集めています。

父親の仕事の都合で沖縄に住んでいたがなかなか馴染めずにいた和彦について宮沢さんは自身もアメリカ生まれの日本育ちで環境に馴染めない経験をしたことから「自分にすごく近いものを感じました」と話しておられます。

東京に戻り海外留学を経て新聞記者となり東京でヒロインの暢子と再会する和彦の役どころについて、宮沢さんは自分に近いからこそ「過去の自分、そして成長した僕自身を参考にすることによってより和彦という人物に深みを生み出せたら」と語っています。

この記事では宮沢氷魚さんのプロフィールや家族構成、彼女についてご紹介していきます。



宮沢氷魚さんのプロフィール

芸名:宮沢 氷魚(みやざわ ひお)
本名:宮沢 氷魚
生年月日:1994年4月24日28歳 
出身地:アメリカ合衆国・サンフランシスコ
血液型:不明
身長:184㎝
体重:非公開(21歳の時のプロフィールには64㎏とあり体重をキープしているという発言も)
学歴:国際基督教大学
所属事務所:レプロエンタテイメント

父が日本人、母が日本人とアメリカ人のハーフで本人はクォーターであり、日本語と英語のバイリンガルとの事。

趣味は野球・釣りで特技は陸上・クロスカントリー・サッカーと様々なスポーツに親しみ、スポーツ万能。

「氷魚」という名前は「どんな環境の変化でも生きていける」という琵琶湖にいる氷魚(ひうお)という鮎の稚魚に由来し、父親が「どんなプレッシャーにも対応できて突き進んでいけるように」と命名。

ちなみにポルトガル語でリオ(川という意味をもち発音はヒオに近い)の意味も込められているとのことです。

父親のライブを観て芸能界に興味を持ち、アメリカ留学中に事務所に履歴書を送り見事合格し「MEN’S NON-NO」専属モデルとしてデビューしましたが、ご本人は当初より俳優を志していたとか。



宮沢氷魚さんこれまでの出演作

宮沢氷魚さんがこれまでに出演した作品を一部紹介します!

テレビドラマ

  • セシルボーイズ第5話 宮沢氷魚役
  • コウノドリ第2シリーズ 赤西吾郎役
  • トドメの接吻 布袋道成役
  • 僕の初恋を君に捧ぐ 鈴谷昂役
  • 偽装不倫 伴野丈役
  • エール 霧島アキラ役
  • ソロモンの偽証 神原和彦役

映画

  • 賭ケグルイ 村雨天音役

  • his 井川迅役

  • 騙し絵の牙 矢代聖役

  • ムーンライト・シャドウ 等役

テレビ番組

おとなの基礎英語

CM

  • JR東日本 JR SKISKI

  • 大塚製薬 ボディメンテ

MV

  • バニラビーンズ 女はそれを我慢しない

  • sumika Summer Vacation

  • 安藤裕子 一日の終わりに



宮沢氷魚さんの家族

父はシンガーソングライターで元THE BOOMのボーカル・宮沢和史さんで、母はタレントの光岡ディオンさんです。

宮沢和史さん↓

光岡ディオンさん↓

氷魚さんが長男で2歳下に海実(かいみ)さんという弟と、4歳下に瑠歌(るか)さんという妹がいるとの事で、3人とも父親が釣りや沖縄好きなことから命名。

弟妹については一般の方と言われていますが妹さんが宝塚に入学しているという噂も。



宮沢氷魚さんの彼女は?

異性関係も気になりますよね。

未確認情報ですが、モデルの桜井日奈子さんが恋人なのではないかと噂されているようです。

桜井日奈子さん↓

お2人はJRのCMで共演されておりそこから発生した噂のようですが、真偽は不明です。



宮沢氷魚さんの画像・動画を紹介

宮沢氷魚さんの画像や動画を紹介します!



宮沢氷魚さんまとめ

スタイル抜群のイケメンで、爽やかな役から時には「怪演」とまで言われるほど演技の幅が広い宮沢氷魚さんについてご紹介していきました。

「ちむどんどん」ではどのような一面を見せてくれるのか、今後が楽しみですね。

 



コメント