芳田司は東京オリンピク柔道代表に決定か?プロフィールや戦績・家族を紹介

柔道

東京五輪を来年に控え、選手達も代表入りを目指し調整をしていることでしょう。
日本のお家芸、柔道も選手層が厚く代表入りするにも一苦労といったところでしょう。

女子柔道57㎏級は野獣の異名を持つ松本薫選手がロンドンオリンピックで金、リオデジャネイロオリンピックで銅メダルを獲得し、その前はシドニーオリンピックで日下部基栄選手が銅、バルセロナオリンピックで立野千代里選手が銅メダルと、なかなかメダルが取りにくい階級でした。

近年このクラスで力をつけてきたのが芳田司選手です。
ライバルで同じ歳の出口クリスタ選手が国籍を変更しカナダより出場することになり、芳田選手の東京オリンピック57㎏級代表はほぼ決まりか・・・と思われています。

ここで、芳田司選手の経歴とエピソードを紹介していきたいと思います。
動画は芳田司選手の試合の様子です。




芳田司選手の経歴

生年月日:1995年10月5日生まれ(24歳)
出身:京都府京都市上京区出身
血液型:A型
身長:156㎝
段位:3段
組み手:左組
得意技:内股・寝技

小学校時代

幼少期は、力を持て余すきかん坊だったので、母親から家の近くにある「円心道場」に入門。
柔道の練習自体は楽しく練習できていたようですが、父親からの課題の、練習後に3~4㎞の柔道着を着たままの走り込みがとてもキツかった話しています。

走ることが好きだったらしく、小学校時代は陸上部にも所属、姉と一緒にマラソン大会にも参加。
S&Bちびっ子健康マラソン大会京都大会では、2年生の時3位、3年生時2位で、それ以外の年は優勝しています。
その他にも、家の前の電柱にゴムチューブを引っ掛け、自主トレーニングを行っていたそうです。

小学校時代の柔道の成績は

5年生の時

  • 全国小学生学年別柔道大会 40kg級 3位

6年生の時

  • 全国小学生学年別柔道大会 45㎏級 3位

となっています。

中学校時代

中学校は、親元を離れ新しい環境でチャレンジしてみたいという思いから、神奈川県相模原市の相原中学へ進学。
相武館吉田道場に入門するためで、1学年上の田代未来選手に影響された部分も大きいとか。
吉田道場の寮生活は相当苦しかったらしく、当時の同級生とは今でも仲が良いとか。
特に、一学年上の田代未来選手とは仲がよく、リオデジャネイロオリンピックには田代選手の付き人として同行してます。

練習では帯取返しの打ち込みを何百、何千回と何も考えず勝手に体が動くようになるまで繰り返し行い、ここまで体に染み付いた技は帯取返しと内股ぐらいと話しています。

中学校時代の柔道の戦績は

2年生の時

  • 近代柔道杯 優勝
  • 全国中学校柔道大会 団体戦 優勝
  • マルちゃん杯 優勝(史上初中学女子柔道団体3冠を達成)

3年生の時

  • 近代柔道杯 優勝
  • 全国中学校柔道大会 個人戦 優勝 団体戦 5位
  • マルちゃん杯 3位

となっています。

高校生時代

小学校時代から誘われていた福岡県北九州市にある敬愛高校へ進学。
中学時代の基礎的な柔道から自分で考える柔道に進化した時期だったとか。

1年生の時

  • 全日本カデ 優勝
  • ドイツカデ国際大会 優勝
  • 金鷲旗 2位
  • 世界カデ 3位
  • 全日本ジュニア 5位

2年生の時

  • 全国高校選手権 個人戦 2位 団体戦 5位
  • 金鷲旗 優勝
  • 全日本ジュニア 優勝
  • アジアジュニア 優勝
  • ワールドカップ・チェジュ 2位
  • ベルギー国際 ジュニアの部 2位 シニアの部 2位

3年生の時

  • 全国高校選手権 個人戦 3位 団体戦 優勝
  • ロシアジュニア国際 優勝
  • 金鷲旗 優勝
  • インターハイ 個人戦 優勝 団体戦 5位
  • 全日本ジュニア 2位
  • 講道館杯 7位
  • エクサンプロヴァンスジュニア国際 優勝

社会人時代

2014年4月、コマツ所属となる。
これまでの自分の柔道が通用せず、当時の監督だった松岡先生に、「自分の思っていることと違うことを、騙されたと思ってとりあえずやれ」と言われ自分のスタイルを変えたことで今の自分があると言っています。

  • ポーランドジュニア国際 2位
  • 全日本ジュニア 3位
  • 講道館杯 優勝
  • グランドスラム・東京 3位

2015年は

  • ヨーロッパオープン・オーバーヴァルト 7位
  • 実業団体 2位
  • グランドスラム・チュメニ 優勝
  • グランドスラム・パリ 5位
  • グランドスラム・東京 優勝

 

2016年は

  • グランドスラム・パリ 2回戦敗退
  • 選抜体重別選手権 優勝(リオデジャネイロオリンピック代表にはこれまでの実績から松本薫が選出。リオデジャネイロオリンピックには、田代未来選手の付き人として参加)

  • グランドスラム・バクー 優勝
  • グランドスラム・チュメニ 優勝
  • 講道館杯 3位
  • グランドスラム・東京 優勝

2017年は

  • グランドスラム・パリ 3位
  • 選抜体重別選手権 3位(これまでの実績で世界選手権代表に選出)
  • アジア選手権 個人戦 優勝 団体戦 優勝
  • 実業団体 優勝
  • 世界選手権 2位
  • 世界団体 優勝
  • グランドスラム・東京 優勝

  • ワールドマスターズ 2位

2018年は

  • グランドスラム・パリ 2位
  • 選抜体重別選手権 3位(実績により世界選手権代表に選出)

  • 実業団体 2位
  • 世界選手権 優勝
  • 世界団体 優勝
  • グランドスラム・大阪 5位
  • ワールドマスターズ 優勝

2019年は

  • グランドスラム・デュッセルドルフ 優勝
  • 選抜体重別選手権 優勝(世界選手権代表に選出)
  • グランドスラム・バクー 2位
  • 実業団体 優勝
  • 世界選手権 2位

  • 世界団体 優勝


芳田司選手の家族は?彼氏は?

芳田選手のご家族を紹介していきたいと思います。

ネットなどで情報収集してみたのですが、お名前などは一般の方なので出てきませんでした。
芳田選手の試合には、国内、国外問わずどこにでも駆けつけるフットワークの軽さから、ザ・自由人と呼ばれているとか。
こんなにフットワークが軽いなら、サラリーマンではなく、自営業などの時間に融通のきく職業なのでしょう。

芳田姉妹にとって、怖い存在であったようです。
柔道の経験も無いとの事でしたが、小学校時代は走り込みをさせて基礎体力をつけさせるなど、今の芳田選手の柔道に与えた影響は大きいでしょう。

こちらも情報収集してみましたが、特に情報はありませんでした。
芳田選手に柔道をさせようとひらめいたのはお母さんだったそうです。

姉・優さん

こちらも情報収集してみましたが、特に情報はありませんでした。
小学校時代は司選手と一緒にマラソン大会に参加していたとの事です。
怖い父親だった事もあり、3姉妹の結束力は強かったらしいです。

妹・真さん

こちらは、現在48㎏級・52㎏級で活躍しているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。


簡単にプロフィールを紹介します。
生年月日:2001年2月14日生まれ(18歳)
出身:京都府京都市上京区出身
血液型:O型
身長:152㎝
段位:2段
組み手:右組
得意技:内股・足技

2019年3月比叡山高校を卒業後、姉と同じくコマツ所属となりました。

彼氏の存在は?

ツイッターなどの情報を元に調査してみましたが、彼氏の存在は確認できませんでした。



芳田選手の験担ぎ?髪型の変化

芳田選手は、世界選手権のタイミングで、験担ぎ?と思われる髪型を変化させていっています。変化の過程を見ていきたいと思います。

2017年8月世界選手権前(2016年体重別選手権):ボブ

2017年8月世界選手権:マッシュルーム

2018年9月世界選手権:タラちゃんカット

2019年8月世界選手権:玉ねぎカット

微妙に変わっているようですが・・・。

チョットわかりづらいですか?



芳田司選手の得意技

芳田選手の得意技を紹介したいと思います。

内股

一番の得意技で、身長が小さい為に、相手を尻に乗せて跳ね上げる通称「ケツ股」と呼ばれる内股です。

帯取返し

寝技に持ち込みやすい帯取返し。
寝技が得意な芳田選手にもってこいの技ですね。



芳田司は東京オリンピク柔道代表に決定か? まとめ

女子57㎏級は、「野獣」の異名を持ち、芳田選手が目標としていた松本薫選手が引退。
松本選手が「野獣」なら自分は「珍獣」と本人も語り、松本選手の後を引き継ぐつもりでいるようです。
芳田選手の最大のライバル、出口クリスタ選手はカナダからのエントリーとなり、日本に残るライバルとしては、玉置 桃選手、舟久保 遥香選手あたりが候補に上がりそうです。
しかし、実績からすると芳田司選手が最有力と見て間違いないでしょう。
オリンピックで出口クリスタ選手との直接対決が見れるかどうか注目です。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました