柔道60キロ級永山竜樹の経歴は?ヤバイ筋肉で東京オリンピックの切符を奪い取れるか?

柔道

東京五輪を来年に控え、選手達も代表入りを目指し調整をしていることでしょう。
日本のお家芸、柔道も選手層が厚く代表入りするにも一苦労といったところでしょう。

男子柔道60㎏級は長年、野村忠宏選手が代表を努め3連覇した後、ロンドンオリンピックでは平岡宏晃選手が銀メダルを獲得。
前回のリオネジャネイロオリンピックでは高藤直寿選手が銅メダルを獲得しています。

その高藤選手との何度かの直接対決で勝利したことのあるのが、永山竜樹選手です。
先日の世界選手権の記者会見では、お互いにライバル視するような発言をしています。
そんな永山竜樹選手を紹介したいと思います。

下の動画は、永山選手の試合の様子を紹介している動画です。
永山選手の技の切れ味がわかると思います。



永山竜樹の経歴は?

生年月日:1996年4月15日生まれ(23歳)
出身:北海道美唄市
血液型:A型
身長:158㎝
段位:2段
組手:右組
得意技:背負投・袖釣込腰
4歳で美唄市少年柔道会に入会し、小学校2年で岩見沢柔道少年団へ。
この岩見沢の玉置塾、柔道57㎏級で活躍している玉置桃さんのお父さんが指導されている道場で、玉置さんとも小学校時代から柔道をされていたんですね。
小学校の卒業式では、オリンピックで5連覇するのが目標と堂々と発表しています。
ツイッターで、当時を紹介する映像がありました。

中学は、愛知県の大成中学へ進学し、全日本カデ50㎏級、世界カデともに優勝した。その後、階級を55㎏級に変更するも、全国大会5位で終わった。

そのまま大成高校に進学。階級も55㎏級でブレーメンカデやアジア国際などでも優勝し、階級を60㎏級へ。数々の大会で優勝した。

大学は東海大学へ進学し、数々の大会で優勝。
2年生の時は、大学の先輩で最大のライバル高藤直寿選手をグランドスラム東京大会で破りIJF柔道ツアーで初優勝を飾った。

3年生の時も高藤選手との直接対決を制し、高藤選手とともに世界選手権の日本代表に選出されるも、3回戦で敗退。
その後のワールドマスターズとグランドスラム・デュッセルドルフでは優勝。
初めて世界ランキング1位となりました。

4年生の時は、グランプリ・ブダペストとグランドスラム・大阪、グランドスラム・デュッセルドルフで優勝。東海大学卒業式には、IJFワールド柔道ツアーで得た賞金で購入した腕時計の「ガガミラノ」を装着。この腕時計は27万円ほどするそうで、青のスーツを着用し、ジャケットには世界選手権のピンバッチを付けて式典に参加していました。

永山選手の卒業式のニュース


今年4月からは、了徳寺学園の職員となり、全日本の体重別選手権で優勝。世界ランキングも1位になっています。



永山選手の筋肉がヤバイ

永山選手は158㎝と小柄ながら筋肉が物凄い選手で有名です。
その筋肉を生かした裏投げなどは豪快そのものです。

こちらに永山選手の凄い筋肉を物語る動画があります。
ポールを横にぶら下がれる(通称鯉のぼり)筋肉の持ち主はなかなかいないと思います。

こんな腕になるには、どんだけトレーニングを積んだのでしょうか?
ライバルの高藤選手も、永山選手に力負けしないようにトレーニングを積んで、筋力増強を図ったそうです。

柔道にとって、技を磨く事が一番なのでしょうけれども、筋力をつける事は、目に見えてすぐに結果に結びつく大事な要素です。

小さな体にこれだけの筋肉。相手選手はさぞやりづらい事でしょう。



永山選手の家族は?彼女は?

ネット上で、ご家族の事を色々探してみたら、ツイッターで少しだけですが出てきました。

兄弟がいる!!

ツイッター上に可愛らしい妹さんの写真が


また、3年ぐらい前のツイートに
「弟の反抗期がすごい」とツイートされているので、チョットやんちゃな弟がいるのでしょう。

父母の愛情がすごい

お母さんの情報は見かけなかったのですが、カレーが美味しいとツイートされていました。


お父さんは、ネット上では有力な情報がなかったのですが、中京テレビで放送されてる「アス友」という番組の中でお父さんとの話が紹介されてたとツイートを発見しました。

お父さんは、永山選手が柔道を始めると、自身も経験がなかった柔道を始め、なんと初段(黒帯)を取ったとの事。小学生時代は、有無を言わさず厳しく指導をを重ね、中学校に上がる頃には、厳しすぎて自分に意見が言えなくなったからと、中学は親元から離し愛知の大成中学へ。
小学校の頃から、本気で親子でオリンピックの金メダルを目指していたんですね。

彼女に関する情報も、ネット上では見かけなかったのですが、お父さんからのLINEに「妥協やその場の雰囲気に流されずお母さんのような人を見つけて下さい」とメッセージがあったので、まだ彼女はいないのかもしれません。お父さんが知らないだけかもしれませんが・・・。



東京五輪の切符を奪い取れるか?

永山選手が東京五輪の切符を奪い取るには、やはり最大のライバルである高藤選手に勝たなくては道は開けません。

永山選手が東京五輪の切符を奪い取るには?

永山選手は寝技が嫌いで、立ち技で一本取りたいと日頃から言っているので、そこは立ち技勝負何でしょう。

逆に高藤選手は、昨年のグランプリ・ザグレブ大会で寝技で勝ち上がっています。
研究されつくされている立ち技ではなく、寝技で勝ち切る。自信がついたとも話しており、その辺りが勝負の分かれ目になりそうな気がします。

テレビで紹介されてるので、他のライバルも知っているのでしょうけど、サンボ投げは凄いですね。私も今度練習してみたくなりました。

永山竜樹選手は東京五輪の切符を奪い取れるか?まとめ

ここにきて心配なニュースが。

先日、怪我のため永山選手はグランプリ・ザグレブを欠場することが発表されました。

左肩関節挫傷で、2週間安静にと診断されたそうですが、怪我の程度はそんなに大きなものでも無いとの事で、世界選手権に向けて大事を取っての欠場との事でした


8月25日から始まる世界選手権が、東京五輪の選手選考に重要になってくるのは間違いないでしょう。

初っ端の8月25日の19時からフジテレビ系列で世界選手権の放送があり、早速目が離せません。
高藤選手との直接対決があるのかも見ものです。

2020年東京五輪まで後少し、どの選手も怪我などせず、活躍してもらいたいものです。

ライバルの高藤選手の記事はこちら

 



コメント