柔道66㎏級阿部一二三選手は東京五輪代表になれるか?プロフィールや家族・戦績を紹介

柔道

東京五輪を来年に控え、選手達も代表入りを目指し調整をしていることでしょう。
日本のお家芸、柔道も選手層が厚く代表入りするにも一苦労といったところでしょう。

男子柔道66㎏級はアテネ・北京と内柴正人選手が金メダルを獲得した後、ロンドン・リオネジャネイロオリンピックでは海老沼匡選手が銅メダルを獲得しているクラスです。

今度の東京五輪、男子柔道66㎏級では阿部選手や丸山選手など、どの選手が代表になるか注目されています。

その阿部選手の経歴とエピソードを紹介していきたいと思います。
この動画は、阿部選手の試合をまとめた動画です。
一本勝ちにこだわる阿部選手の技のキレに注目して下さい。

スポンサーリンク

阿部一二三選手の経歴

生年月日:1997年8月9日生まれ
出身:兵庫県神戸市
血液型:O型
身長:167㎝
段位:4段
組み手:右組
得意技:背負投・袖釣込腰・体落とし

小学生時代

6歳の時、テレビで柔道を観戦したことが柔道を始めるきっかけになり、兵庫少年こだま会に入会。
はじめの頃は2歳年上の兄も一緒に道場に通っていましたが、途中でやめてしまったとのこと。

女子柔道63㎏級の鍋倉那美選手は同学年で、同じ兵庫県同士だったことから、試合などでよく対戦していたが、阿部選手は一度も鍋倉選手に勝つことができなかったとの事です。

あまりの悔しさに、消防士である父親にトレーニングの相手をしてもらい、さらに神港学園高等学校に出稽古に行っていたというので、なかなかガッツのある小学生だったんですね。

しかし、小学校を卒業するまで一度も鍋倉選手に勝つことができなかった事で、その悔しさをバネに頑張って来れたことから、後に「世界チャンピオンになれたのは鍋倉のおかげ」と言っているということです。
写真は柔道女子63㎏級で活躍している鍋倉選手。

中学・高校時代

神戸、生田中学に入学。
全国中学校柔道大会で2年生で55㎏級、3年生で60㎏級で優勝し連覇しています。
アジアユースでも優勝しこの頃から将来を有望視されます。

高校は、小学校時代から出稽古に来ていた神港学園高等学校に入学。
1年生の時には、全日本カデや全日本高校選手権で優勝。
世界カデでは惜しくも2位で終わった。

2年生の時には、全日本カデを2連覇、インターハイをオール一本勝ちで優勝と、高校生レベルでは敵なしの状態であった。
ユースオリンピック、全日本ジュニアでも優勝。世界ジュニアでは惜しくも2位で終わった。
また、この年の講道館杯では、目標の一人とされていた元世界王者の海老沼匡を破り、高校2年生で史上初の優勝を飾りました。

3年生の時には体重別選手権では3位に終わるも、インターハイでは全て2分以内に試合を終わらせ連覇を果たします。
やはり、高校生では無敵だったんですね。
グランプリ・タシュケントでは、オール一本勝ちで優勝するも、講道館杯では、天理大4年だった丸山城志郎選手に破れ3位に終わり、リオオリンピック代表の座は危うくなりました。
写真は高校時代の阿部選手

大学生時代

大学は、日体大に進学。
体重別選手権では、海老沼匡選手や丸山城志郎選手を破り優勝するも、過去の実績から海老沼選手がリオオリンピック代表に。
海老沼選手のオリンピック出場は内定していたものの、試合内容は終始阿部選手が圧倒していた事から選手選定の議論が起こりました。

この頃恋愛面でも変化あり、彼女の「みつき」さんと破局した模様。
憶測では、大学に入学し、彼女との距離ができたのでは?と言われています。
地元を離れ、彼女と遠距離になたのか、または大学の練習や試合できょりができたのかもしれません。

2年生になると、体重別選手権で優勝し、世界選手権の出場権を得ます。
世界選手権でも6試合中5試合を一本勝ちで勝ち抜き優勝を飾ります。
20歳にして、世界チャンピオンとなり、この時世界ランキング1位も獲得します。
この頃には、「東京五輪では阿部しかいない」と言われるほどになっていました。
12月に行われたグランドスラム・東京では、ライバルの丸山選手を破り優勝。
この時、妹の詩さんも優勝したため、兄妹同時優勝をかざりました。

3年生になり、7月のグランプリ・ザグレブでは準々決勝で破れ外国人選手との連勝記録は29でストップ。本人は「世界選手権でなくてよかった」とコメントしています。
9月の堺選手権は優勝し、妹の詩選手も優勝したことから、兄妹同時に世界一となり2人そろって世界ランキング1位に輝きました。
その後グランドスラム・大阪では、決勝でライバルの丸山選手に破れ、グランドスラム・パリでは1回戦負けするなど成績が振るわず、「思った以上に相手に研究されていて、技がかからない」とコメント。スランプに陥ってます。

スポンサーリンク

4年生になり、体重別選手権では決勝で丸山選手に破れ、2位で終わるもかろうじて世界選手権の出場権を得ています。

阿部選手の家族や彼女は?

阿部選手の家族構成は、父・母・兄・妹の5人家族です。

父親

父親の職業は消防士で、小学校時代は消防士仲間とトレーニングメニューを考案し、体幹や筋力をつけるトレーニングを実践していたとの事。
この基本的な体幹があってこそ阿部選手の技が活きているんですね。

母親

母親は、喫茶店の経営をしているとの事。
元々は祖父母が経営していた喫茶店を引き継いだとか。
阿部兄妹のファンが押しかけてそうですね。

一二三選手が柔道を始めた頃は、一緒に道場に通っていたそうですが、一二三選手が柔道に慣れてきた頃には柔道をやめていたとのこと。
妹の詩さんによれば、「兄弟で一番柔道センスがあった」とコメントしており、続けていたら面白い事になっていたかもしれません。
中学校からは、水球を始めたとの事です。

女子柔道52㎏級の阿部詩選手。
すでに堺選手権で優勝するなど、活躍されています。
東京五輪では、男子66㎏級と女子52㎏級は同日に行われ、兄妹同時金メダルを狙っているとの事。

彼女

みつきさんという彼女がいると言われています。
情報源がツイッターぐらいで、現在はすべて消されているのですが、2人は同じ歳というぐらいで詳しい情報はありません。
やはり、強くて格好良いとすぐ彼女ができるんですね。
高校1年から交際を始め、大学に入って一度破局しています。
1年後によりを戻したとツイートされています。
「みつきと約1年かかったけどより戻しました!」ほんまに大事な人やなって心の底から感じた。これから遠距離になるけど2人なら乗り越えられると思います。
という内容でツイートしています。
いやー、若いっていいですね。
その後、人気が出てからか、彼女のツイートは見なくなり、現在も交際が続いているかは謎です。
2017年10月に『ホンマでっかTV』に出演した際には「モテたい」と発言したり、「彼女はいます」と答えているので、この頃は交際が続いると見て良いのではないでしょうか?

阿部一二三選手の得意技は?

背負投

阿部選手といえば背負投を中心に展開しています。
柔道選手にも、色々な技を駆使するタイプもいますが、阿部選手は、背負投を極め、そこから色々な技に発展させていくタイプのようです。
阿部選手の背負投の映像はこちら

その背負投も、本来相手の懐に入り込み低い位置からの背負投でしたが、上背のある外国人選手に通用しなかったことから、高い位置からの背負投を開発。
元男子60㎏級の金メダリストの野村忠宏さんによると、「理にかなっってない下手くそな技」としながらも「それでも決めきれる事はすごい」と評されています。

袖釣込腰

背負投と同じくかつぎ技系の袖釣込腰。入り方も背負投と似ていることから、背負投の技術を応用している事は容易に想像できます。
阿部選手の袖釣込腰の映像です。

体落とし

阿部選手の体落としは、背負投の変形とも言うべき「背負落」と言われる技が多く見受けられます。
これも、背負落はそんなに珍しい技ではないのですが、背負投を極めた阿部選手らしい技と言えるのではないでしょうか。
本来の体落としはこのような技です。

阿部一二三選手のまとめ

東京五輪に一番近い男と言われながらも、最近はスランプ気味の阿部選手。
東京五輪の代表を勝ち取る為には、8月25日から始まる世界選手権での優勝が条件となってくるでしょう。
ライバルの丸山選手を倒さない限り五輪出場は厳しいと考えられます。
スター性のある阿部選手ですので、五輪で活躍するところを見てみたいという人も多いと思います。
これからの阿部選手の活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

コメント